Product List

  • ダイヤモンド / CBN 軸付ホイール
    ダイヤモンド / CBN 軸付ホイール 画像

    精密部品の内面研削、ガラス、セラミックス、カーボン、フェライト、貴石の精密加工などに使用されるホイールです。被削材や用途に最適なボンド・仕様のホイールを提供します。

    メタルボンドは、硬質脆性材料の加工に最適です。特に炭化ケイ素(SiC)、窒化アルミニウム(AlN)、窒化ケイ素(SiN)などのファインセラミックスや石英ガラスの加工に最適です。

    電着ボンドは、切れ味が良好で汎用性が高く、硬質脆性材料だけでなくカーボン、フェライト、MMC材、FRP、超硬合金などの加工にも使用できます。

    レジンボンドは、ワークのカケ発生などのダメージを低減する目的や表面粗さを求める仕上げ工程などで使用されます。

    ストレートホイールやカップホイールを軸と接合した外径φ100以上の軸付ホイールも製作可能です。ご相談下さい。

  • 光学レンズ芯取り用 “DEX”ダイヤモンドホイール
    光学レンズ芯取り用 “DEX”ダイヤモンドホイール 画像

    高級カメラや内視鏡の心臓部である非球面レンズやステッパーなどの高い精度が求められるレンズの光軸合わせ(芯取り加工)で活躍します。慣らし加工を必要とせず、加工開始時からレンズエッジのピリ、カケを抑えたレンズ製作が可能で、立ち上がりのきつい形状においても、レンズの焼け発生を抑制します。

  • ダイヤモンド/CBN センタレスホイール
    ダイヤモンド/CBN センタレスホイール 画像

    ダイヤモンド/CBNセンタレスホイールは、心なし研削盤(センタレス研削盤)を使用して被削材にセンター穴を開けず、固定したブレード(支持刃)、研削砥石と回転する調整砥石の3点で、回転する円筒形の被削材の外周を削るホイールです。被削材をチャックなどで保持・固定しないため、取り付けや取り外し工程が発生せず、その分生産性が高くなります。

    CBNセンタレスホイールは、ニードルベアリングのころの加工やパンチ金型の加工などに使用されています。

    ダイヤモンドセンタレスホイールは、ドリル・エンドミル等の回転工具の素材となる超硬合金の丸棒研削やセラミックス丸棒の研削に使用されています。

    センタレスホイール以外にもセンタレスブレード(支持刃)、調整車(調整砥石)も提供しています。

  • ガラスレンズ成形金型加工用 ダイヤモンド軸付ホイール
    ガラスレンズ成形金型加工用 ダイヤモンド軸付ホイール 画像

    ダイヤモンドVフェース軸付ホイールは、主にガラスレンズ成形金型の非球面加工に用いられる工具です。
    プラスチックレンズ成形金型では、ニッケルを超精密単結晶ダイヤモンドバイトで切削加工し金型として使用されますが、ガラスレンズ成形金型では超微粒のバインダレス超硬合金が金型として用いられます。また、昨今ではSiCを用いた金型の需要も高まっています。
    こうした、バインダレス超硬合金、SiCレンズ成形金型の加工には、単結晶ダイヤモンドバイトでの切削加工は不向き・非効率なため、ダイヤモンド軸付ホイールを使用した研削加工が用いられます。
    弊社はプラスチックレンズ金型用の単結晶ダイヤモンドバイトでの豊富な実績を有するとともに、ガラスレンズ金型加工用のダイヤモンド軸付ホイールも各種仕様をご提案いたします。
    Vフェース軸付ホイール以外にも、斜軸研削用・自由曲面研削用・ドレス用・スリーブ金型加工用に円筒形状の小径軸付ホイールもご提供いたします。

  • 単結晶ダイヤモンド微細バイト
    単結晶ダイヤモンド微細バイト 画像

    耐摩耗性に優れ非常にシャープな刃先を形成できる単結晶ダイヤモンドを微細な刃先形状に仕上げた単結晶ダイヤモンドバイトです。単結晶ダイヤモンド微細バイトを使用することでミクロン(μm)単位で制御された刃先が加工物に転写され、微細な溝形状パターンを高精度に連続ピッチで成形することが可能です。

    【主な用途】
    FPD用光学フィルムや光学素子用精密金型の加工
    マイクロパターンフォーミング加工、プレーナー加工
    回折格子の加工
    その他MEMS、バイオ関係の微細パターン加工

  • 総形単結晶ダイヤモンドバイト
    総形単結晶ダイヤモンドバイト 画像

    当社の誇る総形形状研磨技術を駆使した、総形の単結晶ダイヤモンドバイトです。樹脂や軟質金属に複雑な形状を高精度に造り出す総形鏡面加工を実現します。

    また、多角や微細な刃先を高精度に形成した総形バイトは、精度要求が高い精密金型加工に用いられます。

  • 単結晶ダイヤモンドバイト / MCDバイト
    単結晶ダイヤモンドバイト / MCDバイト 画像

    弊社は、切削加工用の単結晶ダイヤモンドバイトを80年以上に渡り製造してきた実績があり、時代の時々に合った精密加工用途に工具を供給してきました。
    地球上で最も硬度が高い単結晶ダイヤモンド(Mono Crystal Diamond, MCD)をシャープな刃先に研磨することで、一般的な超硬合金・PCD(多結晶ダイヤモンド)バイトでは得られない切削での鏡面加工が可能です。
    刃先が非常に鋭利なため一般的な切削バイトではむしれや潰れてしまうような、軟質で粘い金・銅合金などにも適用が可能で良好な切削面が得られます。
    アクリル樹脂への切削では、研磨加工不要で透明な切削面に加工できます。

    ご要望の加工内容・工具形状に合わせて最適仕様をカスタムメイドで設計します。各種インサートチップタイプも製作可能です。

  • 単結晶ダイヤモンドエンドミル
    単結晶ダイヤモンドエンドミル 画像

    フライス加工用の単結晶ダイヤモンドエンドミルです。一般的なマシニングセンタでご使用頂ける単結晶ダイヤモンドを刃先に使用したスクエアエンドミル・ボールエンドミルです。アルミ合金の鏡面・加飾加工やアクリル樹脂の透明切削加工などでご使用いただけます。磨きや薬品処理が不要なため寸法精度を維持できるとともに、後工程の削減により加工時間の短縮が可能です。ボールエンドミルは、自由曲面加工も可能です。
    また面取り加工用の回転工具や平面・平坦切削用のフライカット回転工具などもご提供いたします。

  • 「ミラクル」ダイヤモンドバイト
    「ミラクル」ダイヤモンドバイト 画像

    ミラクルバイトは、1967年に開発された端面・外周の鏡面切削用のダイヤモンドバイトです。感光ドラム、ポリゴンミラーなどの製作において、被削材の平坦面を鏡面に仕上げるダイヤモンドバイトです。
    鏡面切削加工の先駆けとなる製品で、研磨加工が必要であったアルミのポリゴンミラーの仕上げ工程をミラクルバイトによる切削に置き換えることで、レーザープリンターのコストを大幅に低減し、低価格のレーザープリンターが広く普及することに貢献しました。

    現在の単結晶ダイヤモンド切削工具の基礎となる製品で、開発から50年以上経た現在も製造を続けている製品です。その技術は各種の単結晶ダイヤモンドバイトに生かされています。

  • 「ハイパックス」PCD・PCBNバイト
    「ハイパックス」PCD・PCBNバイト 画像

    超硬工具に比べ、高精度な切削面が得られ、数十倍の長寿命を実現し、工具交換の手間や時間も抑えます。セラミックス、樹脂、非鉄金属の加工にはPCD、高硬度な合金工具鋼や難削材ニッケル合金の加工にはPCBNを使用します。