アルミニウム部品や筐体への加飾で仕上げ工程無しの効率的な鏡面加工を実現

【課題】
高級オーディオのアルミニウム部品や腕時計の文字盤部品、ノートパソコン、スマホ、タブレット端末のアルミニウム筐体の端面加飾において、鏡面仕上げが必要になることがあります。加工時の工具刃部の材質によっては加工面の粗さに差が出て、鏡面にするために後工程が必要になり、非効率です。


【解決策】
単結晶ダイヤモンド(MCD)バイトで加工することにより、研磨などの仕上げ加工なしの1つの工程で効率的に鏡面加飾を実現できます。 更に、カスタムメイド対応品により、微細形状(パターン)の成形も実現。 また、ダイヤモンド工具は超硬工具に比べ数十倍の長寿命で、工具交換の手間が減るなど、全体的なコストパフォーマンスの改善が期待できます。

アルミニウム部品や筐体への加飾で仕上げ工程無しの効率的な鏡面加工を実現 画像 アルミニウム部品や筐体への加飾で仕上げ工程無しの効率的な鏡面加工を実現 画像
  • 刃部材質による仕上げ面粗さの比較

    刃部材質による仕上げ面粗さの比較 画像
  • 加工条件

    ワーク : A7075 

    切削速度: 200m/min

    送り  : 3.5 μm/rev

    切込み : 0.05mm

使用工具

鏡面加飾用 単結晶ダイヤモンドバイト

単結晶ダイヤモンドバイトの他、単結晶ダイヤモンドスクエアエンドミルや、球面や自由曲面の鏡面加工に有効な、刃先をR形状に加工した単結晶ダイヤモンドボールエンドミルもご提供いたします。

■アルミニウム部品・筐体などの端面処理やロゴ刻印など加飾用の鏡面仕上げを実現

■金、銅、黄銅(真鍮)などの鏡面加工や、ガラス、ニッケルの面取り(バリ取り)にも有効

■カスタムメイド対応品により、微細形状(パターン)の成形を実現