光学フィルム用ロール金型での高精度な微細溝成形を実現

【課題】
テレビやディスプレイなど映像装置は、「4K8K」と呼ばれるような高解像度化、またxR(VR/AR/MRなど)ゴーグルのような小型かつ複雑な構造になってきています。これらを実現するために光学フィルムや光学素子用精密金型の一層の微細加工が必要になります。


【解決策】
単結晶ダイヤモンド微細バイトを使用することで、光学フィルム用ロール金型の加工において、連続ピッチの高精度な微細溝成形が可能です。単結晶ダイヤモンドは耐摩耗性に優れ、大型ロールの長時間の連続加工にも貢献しています。

光学フィルム用ロール金型での高精度な微細溝成形を実現 画像 光学フィルム用ロール金型での高精度な微細溝成形を実現 画像
  • 単結晶ダイヤモンド微細バイトの刃先形状例

    単結晶ダイヤモンド微細バイトの刃先形状例 画像
  • ナノR微細バイト開発の取り組み例

    R1μm未満のR寸法の微細バイトの開発にも取り組んでおり、金型からの離型性向上、表面性状の向上、虹目の抑制などの効果を狙っています。

    以下は参考例で、R寸法の製作範囲100R800nm未満

    .

使用工具

単結晶ダイヤモンド微細バイト

ノーズ角15度未満の標準仕様            [サイズ単位:mm]

仕様は一例です。本仕様以外やノーズ角15度以上の微細バイトに関してもご相談ください。