硬質脆性材料研削加工用 ダイヤモンドコアドリル

ダイヤモンドコアドリルは、硬脆性材料の穴あけ・コア抜き用途の製品でしたが、セラミックスをはじめとした硬質材料のマシニングセンタ / グライディングセンタでの形状加工に使用用途が広がっています。
センタースルー構造でのクーラント供給により切粉の抜けがよく、切粉による工具・ワークへのダメージを軽減し、高効率な加工が可能です。
切粉が溜まりやすい狭い幅でのヘリカル研削によるザグリ加工に最適な工具です。
セラミックスへの高効率な穴あけ加工には最適な形状をご提案します。
また強固なボンドブリッジ構造により長寿命で安定した切れ味を発揮します。
硬質脆性材料研削加工用 ダイヤモンドコアドリル 画像
 画像

適用材料 / 適用例

【適用材料】
炭化ケイ素 ( SiC )、窒化アルミニウム (  AlN )、窒化ケイ素 (Si3N4)、
石英ガラス、アルミナセラミックス (Al2O3)、シリコン、サファイア

【適応加工例】

■ヘリカル研削によるセラミックスへの端面加工
■ヘリカル研削によるセラミックスへのザグリ・ディンプル加工
■SiC・窒化アルミニウムなどの硬質セラミックスへの穴加工
■ロングコアドリルを使用した石英ロッドのコア抜き加工
■ロングコアドリルを使用したサファイアロッドのコア抜き加工


ボンド

メタルボンド

業界
半導体半導体製造装置
加工素材
セラミックス
加工方法
研削穴あけ