プラスチックレンズ用金型の精密加工と工具の長寿命化を実現

【課題】
スマートフォンにはプラスチックレンズが大量に使われていますが、カメラの機能競争による高感度化に向けたレンズの大型化や更なる広角化などが求められています。その実現には、レンズ金型の加工精度が重要になります。また、大量生産されるレンズのコスト低減の為に金型の加工においても工具の長寿命化が求められています。


【解決策】
刃先輪郭度が高く、刃先や、すくい面にスクラッチがほとんどない単結晶ダイヤモンドバイトを使用することで、高精度な金型の成形を実現します。
また、人工ダイヤモンドに比べて更に耐摩耗性に優れる天然ダイヤモンドを選定することで工具の一層の長寿命化が実現できます。

プラスチックレンズ用金型の精密加工と工具の長寿命化を実現 画像 プラスチックレンズ用金型の精密加工と工具の長寿命化を実現 画像
  • 輪郭形状測定例

    輪郭形状測定例 画像
  • 刃先拡大写真

使用工具

単結晶ダイヤモンドバイト「アークシード」

【製作可能範囲】
 R寸法   : R0.03~1.0㎜
 W.A.    : ~155°
 (ウインドアングル)
 輪郭度   : 50nm~150nm
 逃げ角   : 0°~20° (円錐逃げ/円筒逃げ)
 すくい角  : -40°~+20°
 ダイヤモンドタイプ: 天然/HPHT/CVD
 結晶方位  : 100/110
 
 ※仕様は一例です。本仕様以外の製作も可能ですのでご相談ください

刃先輪郭精度50nm以下の単結晶ダイヤモンドRバイトで、金型製作時の補正加工を軽減できます。なめらかな研磨面のバイトなので3軸加工機の性能を十分に引き出せ、金型の転写性能が向上します。また、従来の2軸加工機での高精度加工も実現します。