サーメット加工の切り込み量を5倍にしても安定した研削により高能率加工を実現

【課題】
サーメットの加工において、一層の高能率化を実現したい。切り込み量を増やしても安定した研削加工ができることが必要。


【解決策】
砥粒の自生発刃作用をコントロールすることにより、品位・能率・寿命のバランスを最適化することで、安定的な研削加工を実現。サーメット研削の1パス切り込み量5倍(0.3 ⇒ 1.5mm/pass)を実現。
切り込み量を増やしても、加工面粗さやチッピングの大きさを抑え、切り込み量とは反比例の関係にある摩耗量を同等に抑えました。

サーメット加工の切り込み量を5倍にしても安定した研削により高能率加工を実現 画像 サーメット加工の切り込み量を5倍にしても安定した研削により高能率加工を実現 画像
  • 加工テスト時の最大チッピング(左写真)

    加工テスト時の最大チッピング(左写真) 画像
  • テスト条件

    研削盤 : CNC成形研削盤

    ワーク : サーメット(TN250)

    砥 石 : 200D-10T-5X-76.2H

    .

    チッピング狙い値は、10μm以下

使用工具

難削材料高能率研削用 「メタレックス」メタルボンドホイール

レジンボンドの切れ味とメタルボンドの耐摩耗性を併せもった、新しいコンセプトのメタルボンドホイールです。アルチック(Al2O3-TiC)・石英などの難削材料の高能率研削に適しています。