Japanes
English
Thai

カバーガラスの面取りや穴あけ後の高品位な仕上げ加工を実現し、ガラスの強度アップに貢献

解決策

解決策のポイント ・微粒ダイヤモンド砥粒の電着ホイールは、ガラス面取り用途においてチッピングが少ない高品位な仕上げ加工を実現
・微粒砥粒の電着ホイール製造のため、クリーンルームを整備し厳格な砥粒管理を実施
・微粒砥粒の電着を多層化することで長寿命化を実現


微粒ダイヤモンド砥粒電着ホイール “DEX FF(Fine Finishing)”は、ガラス面取り用途の仕上げ加工において高いパフォーマンスを発揮します。異物の混入を防ぎ、#1000~#2000レベルの微粒砥粒を扱うために、ISOクラス7(クラス10,000)の基準を満たす専用のクリーンルームを整備し、厳格な砥粒管理を行う環境を整えました。
これにより、チッピングが少なく高品位な仕上げ加工を実現する微粒砥粒の電着が可能となり、面取り部、穴あけ部と一体化した電着軸付ホイールの製造を実現。
更に、電着を複数回ほどこしダイヤモンド砥粒を積層することで、長寿命化を実現します。

中国製の同様な電着ホイールとの比較では、高い軸精度が加工品質の安定にも寄与し、チッピングが少なく、面粗さも良好な結果が得られています。

中国製品とのチッピング数の比較(観察方法:マイクロスコープ 300倍)

中国製品とのチッピング数の比較

中国製品との面粗さの比較

中国製品との面粗さの比較

加工条件

加工条件

使用機械: NMPG-450
出力: 0.35kW
研削液: ケミカルソリューション
ワークサイズ: 136L x 64W x 0.55t

case_bt1