Japanes
English
Thai
会社概要

事業のあゆみ

 

当社の事業履歴をご紹介します。

1980年以降

1980年2月 ダイヤモンド薄肉コアドリルを製作
1980年3月 ダイヤモンド薄肉ロングコアドリルを製作
1982年5月 メモリーディスク(ハードディスク)の鏡面加工用バイトを完成 日本初
1984年5月 MXレジンボンド・ダイヤモンドホイールを製作
1986年1月 レーザー溶接ドライ用ダイヤモンドブレードを製作
1986年5月 溶着法ダイヤモンドバイトを製作
1988年2月 MF50メタルボンド・ダイヤモンドホイールを製作
1988年11月 メモリーディスク(ハードディスク)の面取り用切削総形バイトを製作
1989年1月 ダイヤモンド塗装シートを製作
1989年4月 複合砥石の製造法 特許出願
1989年4月 砥石車のツルーイング装置 実用新案
1989年4月 溶射ホイールを製作
1989年6月 低温溶射物切削用ハイパックスバイトを製作
1989年7月 砥石の製造法 特許出願
1990年2月 クロスペレットを製作
1990年4月 複合楕円総形ダイヤモンドバイトを製作 日本初
1990年4月 薬品カプセル切断用のハイパックスナイフを製作
1990年6月 コアレスドリル 実用新案
1990年8月 ダイヤモンド共析メッキ皮膜 特許出願
1990年9月 ダイヤモンド膜付き工具 特許
1990年10月 DEXエースホイール(電着)を開発 特許
1991年1月 総形センターレスホイールを製作(D=570,L=510)
1991年4月 吸振ダイヤモンドバイトを完成
1991年5月 超精密研削用『T-REX B』(レジンボンドホイール)を完成 特許
1991年6月 ダイヤモンドバレルメディアを製作
1991年7月 超硬用ダイヤモンドセンタードリルを完成 実用新案
1991年7月 超硬用ダイヤモンド錐を完成 実用新案
1992年2月 セラミックス研削用BKレジンボンド・ダイヤモンドホイールを開発
1992年5月 重研削用MBレジンボンド・ダイヤモンドホイールを完成
1992年10月 クロスペレット型平面掘削用ホイールを製作
1993年12月 ダイヤモンドメスを製作
1993年12月 光ファイバーフェルール面取り用ハイパックスHP八角錐ザグリバイトを製作
1994年7月 ドライ切削用ダイヤモンドバイトを完成 特許出願
1995年1月 シリコンウェーハ用ノッチ面取りホイールを開発
1995年11月 レジンボンド砥石の製造方法 特許
1996年1月 ダイヤモンド弾性研磨工具 特許
1996年5月 両頭研削盤用ホイール 特許
1996年10月 メタレックスホイールを開発
1997年10月 工具研削用BW41レジンボンド・ダイヤモンドホイールを開発
1998年4月 ブレーキライニング加工用電着ホイール(超砥粒研削砥石) 実用新案
1998年9月 CMP用電着ドレッサ 実用新案
1999年11月 ペレット付きラップ定盤(超砥粒研削砥石) 実用新案
1999年11月 磁性材用高能率ホイール(超砥粒研削砥石) 特許
1999年12月 モノドリル(穿孔工具) 実用新案
2000年2月 鏡面研削用BLレジンボンド・ダイヤモンドホイールを発表
2001年3月 クラスタダイヤモンド複合材料およびその製造方法 特許
2001年3月 水素吸蔵体および水素貯蔵方法 特許出願
2001年3月 Chemo-mechanical Grinding用砥石を開発(合成砥石) 特許
2001年5月 液晶パネル面取り加工用メタルボンドマルチホイールを『日本アイ・ビー・エム』『中村留・エヌテック』『ダイトエレクトロン』との共同開発で完成 特許
2002年10月 G-スクエアホイールを開発
2002年10月 工具研削用BI30レジンボンド・ダイヤモンドホイールを開発
2003年11月 電動工具およびエンジンカッター用の硬質被削材向け次世代乾式ボンド『NW-1』を開発
2008年9月 技術研究所を新設
2009年3月 超高精度スタイラス圧子を開発
2010年5月 超精密切削工具「Arcceed アークシード」を発表
2010年8月 超硬工具フルート研削用ホイール「CITIUS シティウス」を発表
2010年11月 脆性材料鏡面加工用ホイール「Grande Ligne グランリニュー」を発表
2015年4月 極薄板ガラス切断システム 特許出願
2016年4月 密度コントロール電着ホイール「Gran DEX」を発表
2016年4月 鉄系材料研削用ホイール「Metalist」を発表
2016年4月 面取りメタルホイール「MFX」を発表
 

 

1980年以前

1932年7月 各種ダイヤモンド工具の製作
1933年2月 ロックウェル硬さ試験機用
ダイヤモンド圧子研磨を完成
研磨品 日本初
1935年3月 ビッカース硬度計用ダイヤモンド圧子完成 日本初
1937年3月 ダイヤモンドホイール(レジノイドボンド)を完成 日本初/特許
1939年11月 ダイヤモンドバイト刃先Rの完全研磨を完成 日本初
1945年1月 複合ダイヤモンドドレッサを完成 日本初
1950年6月 ダイヤモンドホイール(メタルボンド)を完成
1951年7月 逆R挽きバイトを完成 日本初
1952年2月 フレネルレンズ用ダイヤモンドバイトを完成 日本初
1952年2月 光学レンズカーブゼネレータ用ホイールを完成 日本初
1952年4月 電着(DEX)ダイヤモンドホイールを製作
1952年5月 高温硬度計用のダイヤモンド圧子を完成 日本初
1953年6月 ダイヤモンド多石ドレッサを製作
1954年9月 ダイヤモンドソーを完成 特許
1956年12月 ビトリファイドボンド・ダイヤモンドホイールを製作
1957年3月 特殊ダイヤモンドの研磨法を完成 実用新案
1958年7月 ダイヤモンドの円錐特殊研磨法を完成 日本初
1958年11月 PHTダイヤモンド圧子を完成 日本初
1959年5月 両頭平面研削用大型ダイヤモンドホイールを完成 日本初
1964年8月 ダイヤモンドペーストを完成 特許
1965年7月 ダイヤモンド・ジグザグバイトを完成 日本初
1965年10月 ダイヤモンド・リーマーを完成 日本初
1966年9月 ダイヤモンド・ロータリードレッサを製作
1966年11月 フェライトねじ研削用ダイヤモンドホイールを完成 米国General Electoric社より永久展示品として選定される 特許
1966年12月 線状ダイヤモンドホイールを完成 日本初
1967年1月 鏡面切削用ダイヤモンドバイト(端面用ミラクルバイト)を完成 特許
1967年1月 円筒用鏡面切削ダイヤモンドバイトを完成 日本初
1969年7月 ビトリファイドボンド・ダイヤモンドホイールを製作 特許
1970年5月 靭性金属研削用ダイヤモンドホイールを完成 日本初
1970年10月 ダイヤモンドペレットを製作
1972年2月 電動工具用ダイヤモンドセグメントカッターを完成 日本初
1973年3月 フェザーカッター(極薄手メタルボンドダイヤモンド砥石)を完成 特許
1973年3月 CBNホイールを製作
1974年5月 異形逆Rダイヤモンドバイトを完成 日本初
1976年7月 電動工具用の本格的乾式ダイヤモンドセグメントカッターを完成
1977年10月 PCD(多結晶ダイヤモンド)エンドミルを製作
1978年8月 PCD(多結晶ダイヤモンド)フライスを製作